ナベプロセス株式会社

CXF

お客様サポート

会社案内 COMPANY

会社概要

商号 ナベプロセス株式会社
設立 1979年1月
所在地 香川県高松市木太町2477-1
資本金 2,700万円
代表者 代表取締役社長/鍋坂信也
従業員 225名
事業概要 グラビア印刷用ロール製版
フレキソ印刷
フレキソ製版
デジタル印刷
企画デザイン
事業所
本社 / 香川県高松市木太町2477-1
エストロラボ / 香川県高松市木太町2478
サテライトヒル / 香川県木田郡三木町井上2876-33
大阪支社 / 大阪府大東市諸福4-5-5
東京支社 / 千葉県柏市柏インター南8-2
東京営業所 / 東京都千代田区神田須田町2-15 KSYビル5F
岡山営業所 / 岡山県岡山市南区藤田564-138
静岡営業所 / 静岡県富士市平垣483 第二美鳳堂ビル1F
主要取引先 ◇主要仕入先
株式会社シンク・ラボラトリー ヘルグラビアジャパン株式会社
DICグラフィックス株式会社 大阪印刷インキ製造株式会社
ダイソーケミカル株式会社 双日プラネット株式会社

◇主要販売先
福助工業株式会社 グンゼ包装システム株式会社 日新シール工業株式会社
三菱樹脂株式会社 レンゴー株式会社 株式会社フジシール
関連会社 有限会社 ナベプロ企画センター

pagetop

トップメッセージ

代表取締役 鍋坂 信也
代表取締役社長 鍋坂 信也

当社は1964年、四国の大手フィルムメーカーのグラビア印刷市場への参入をきっかけに、四国ではじめてグラビア製版会社を設立し、四国4県と岡山の5県でグラビア製版需要を一手に請け負うことにより業績を拡大してきました。

会社設立当初から、全製版工程を自社工場で一貫生産するスタイルとし現在では、高松本社・サテライトヒル・大阪支社・東京支社の4つの生産拠点をネットし全国展開するグラビア製版会社へと成長を遂げました。

また、2002年操業を開始したサテライトヒル工場では、フレキソ印刷・製版事業を開始することによって、さらに幅広いお客さまとのパートナーシップが結ばれ、この出会いによって、グラビア製版業の中では気づくことのできなかったフレキソ印刷技術の特異性など多くのヒントに巡り合う“気づき”の機会を得ることができました。
ナベプロセスは、日々の作業やお客さまとのお付き合いのなかで得た、“気づき”の機会を逃すことなく、“気づき”と“実践”の循環のなかで、より良い製品をお客様に提供できる企業を目指しています。

ナベプロセス株式会社 代表取締役社長 鍋坂 信也

pagetop

沿革

1979年 1月 高松市木太町2494-10にナベプロセス株式会社設立
代表取締役 鍋坂忠男 資本金1,500万円
1980年 2月 ナベプロセス株式会社は、ヤシマグラビア株式会社と合併
資本金2,700万円 代表取締役に鍋坂忠男が就任
1984年 2月 高松市木太町2466-3に新工場を建設
Helio-Klischograph K303システムとトータルブーメラン設備を導入
1985年 3月 イスラエル製画像処理システムCEPS(SCITEX)を導入
1988年 8月 大阪府東大阪市箕輪に大阪工場を建設し画像処理システム(SCITEX)と製版設備を導入
1989年 7月 高松市木太町2460に本社第二工場(エストロニックラボ)完成
大型製版自動ライン・アルゴンレーザーCTC装置・電子彫刻システム・画像処理システム(SCITEX)らのデジタル製版機器を集約し大阪・高松間の画像データ転送を開始
1992年 3月 岡山市南区藤田564-138に岡山営業所を新築
画像処理システム(SCITEX)を導入
1995年 12月 高松市木太町2477-1に本社工場を新築移転
画像処理にARTPRO(MAC)を採用
レーザー製版工程の無人自動化を開始
1998年 5月 大阪工場を大阪府大東市諸福に新築移転
電子彫刻システム(VALCUS)と自動搬送装置GALを導入
彫刻製版の夜間無人運転を開始
1998年 9月 東京都千代田区岩本町に東京営業所を開設
4Sightにより各拠点のデジタル通信を開始
2001年 5月 高松本社にてISO JQA-QM6603承認取得
2002年 5月 高松東ファクトリーパーク内にサテライトヒル工場が完成
電子彫刻システム(HELL)とめっき設備をインライン化したTB21製版設備を採用し24時間無人運転を開始
新事業としてフレキソ印刷・製版事業を開始
2007年 9月 代表取締役に鍋坂秀樹が就任
柏市サイエンスパーク内に東京工場を新築
2009年 4月 中小企業庁 元気なモノ作り中小企業300社に選定される
2009年 5月 静岡県富士市に静岡営業所を開設
2009年 6月 東京営業所を神田須田町に移転
2010年 9月 大阪府大東市諸福に大阪第二工場を建設
電子彫刻システム(VALCUS)とCNC旋盤装置を移設
2011年 9月 代表取締役に鍋坂信也が就任
大阪支社製版設備をフルリニューアル、ワルタースリムライン・NEWFX-BラインとCラインを導入
2012年 7月 全事業所がエコアクション21認定取得
2015年 6月 高松市木太町2478にエストロラボを新設
ワルタースリムライン、XWB、AutoCONLineを導入

pagetop

事業展開

グラビア製版

グラビア製版
グラビア製版の方式は大別するとレジスト膜をアブレーション描画しエッチングを行う「レーザー製版」と直接的に彫刻を行う「彫刻製版」の2つの方式があります。

フレキソ印刷

フレキソ印刷
フレキソ印刷は樹脂などの弾性素材からなる版と液体インキを用いる凸版印刷方式です。
薄膜フィルムへの印刷見当精度や表面粗度の粗いものにも転移性が優れる環境対応型の印刷方式です。

フレキソ製版

フレキソ製版
グラビア製版で培った画像処理技術をコアとしてグラビア印刷品質に迫るフレキソ製版の提供を目指しています。工場内に印刷機を併設する事業展開は、業界内でも注目されています。

デジタル印刷

デジタル印刷
従来のオフセット印刷と違い、印画紙・製版フィルムを使用しないため、納期の短縮とコスト削減を実現できます。
必要なときに・必要なものを・必要なだけ印刷できる新しい印刷方式です。

画像処理

画像処理
入稿したデザインをコンバーティングに適した割り付けに展開したり、グラビアインキで印刷再現可能な色域へと調整を加えるなど、印刷工程で使いやすい刷版になるように編集を行います。

巻返検査・スリット

検品・スリット
ラミネートや製袋工程は所有していませんが、印刷後のフィルムの検品とスリット加工を設備することで、お客様から安心して印刷委託が頂ける環境の提供を行っています。

pagetop

アクセスマップ

事業所一覧

高松本社

〒760-0080
香川県高松市木太町2477-1
TEL:087-833-7171
FAX:087-862-3331
GoogleMap

エストロラボ

〒760-0080
香川県高松市木太町2478
GoogleMap

サテライトヒル

〒761-0705
香川県木田郡三木町井上 2876-33
TEL:087-840-2121
FAX:087-840-2122
GoogleMap
大阪支社
〒574-0044
大阪府大東市諸福 4-5-5
TEL:072-889-6100 FAX:072-889-6030
GoogleMap
東京支社
〒277-0805
千葉県柏市柏インター南8-2
TEL:04-7131-0200 FAX:04-7131-0220
GoogleMap
東京営業所
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町 2-15 KSYビル5F
TEL:03-5298-2750 FAX:03-5298-2752
GoogleMap
岡山営業所
〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田 564-138
TEL:086-296-6969 FAX:086-296-7580
GoogleMap
静岡営業所
〒416-0916
静岡県富士市平垣 483 第二美鳳堂ビル1F
TEL:0545-66-3301 FAX:0545-66-3307
GoogleMap
  1. TOP >
  2. 会社案内